Bridgeでの編集との違い


写真素材|無料素材のフリーダウンロードサイト【写真AC】を写真ACでチェック!

写真の調整・加工
この記事は約2分で読めます。

いつも、Ligtroomで、さらに必要ならPhotoshopで編集していますが、
Photoshopまで使うのであれば、BridgeからCamera Rawを使っても、さらに言えば直接PhotoshopとCamera Rawを使っても同じようなことはできます。

例えば、こちらはBrigeの画面。
左側にフォルダ一覧があるので、欲しいファイルがあるフォルダを選択します。
写真を選択すると、右側に撮影情報(メタデータ)が一覧で出てきます。見やすいですね。
この機能は、とても好きです。

写真をダブルクリックすると、Photoshopが起動して、写真を調整するCamera Rawも起動します。
画面の右側にある調整項目は、Lightroomと同じです。
いつもの慣れた操作で、調整することができます。

調整が終わったら、「開く」(上の画面では「コピーを開く」になってます)をクリックすればPhotoshopの画面になります。

あとはいつも通り、シミを取ったりしてから保存すればOKです。

じゃあ、なんでBridgeを使わないの?

そう言われるかもしれません。
私がLigthroomで調整を行う理由は、単純に履歴(ヒストリー)が見られるから、です。
いつも説明の時に使っている、これ。

自分が今まで何をしてきたかが分かるし、ここを使って操作を戻すこともできます。
あとは、Raw現像専用のソフトなので、集中できるってことでしょうか。
Camera Rawは、橋を渡る途中のような感じで、何か集中できないんですよ。
ただそれだけです。

Camera Rawでやったことを戻す方法

Camera Rawで調整したけど、元に戻したいということありますね。

その場合は、画面右側の「…」をクリックして、出てきたメニューから「初期設定に戻す」で最初の写真に戻すことができます。

次回に続く

 

ブログ村、ブログランキングへのご協力、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へにほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へにほんブログ村 写真ブログ アマチュアカメラマンへ

スポンサーリンク
写真の調整・加工
デジタル一眼でストックフォトを始めた

コメント

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました